違法アップロードを見るのは罪なのか?見た方が良いって何?

違法アップロードを見るのは罪なのか?見た方が良いって何?

動画サイトを回っていると、違法にアップロードされた動画が転がっていることがありますね。
あれを見るのは『罪』になるのでしょうか?
業界的な話も含めて考えてみましょう。

動画サイトにおける違法アップロードとは?

日本では、代表的なYouTubeやFC2などのサイトがありますが、他にも海外サイトなどで動画サイトがたくさんあります。
テレビCMなどで『番組のアップロードは違法です』と言っているのを見たことがあると思いますが、裏も表もなくその通りです。

『公衆送信権』や『著作権』などに違反して、無断でアップロードすることが問題なのです。
もちろんテレビ番組だけじゃなく、ネットにアップされている動画を再アップロードをすることも違法行為ですね。
それ違法です
出典:JBA日本民間放送連盟

ダウンロードも違法になる

著作者に無断でダウンロードすることももちろん違法になります。
ですが、現在著作権の権利者からの告訴があった際に、違法行為と認められる状態になっていて、通信上のプライバシー保護の観点からもダウンロードに関してはなかなか対策が取られていないというのが現状です。

PCにある程度知識があると『キャッシュ』が違法ダウンロードになるかと不安になる点もありますが、この点は問題ありません。
著作権法によって、キャッシュに関しては著作権侵害ではなく正統の範囲と定められているので、安心して動画を見てください。

違法動画を見る事は違法?

さて、前置きもそこそこに本題です。
違法動画に関しては、『見ること自体は違法ではない』というのが現状の見解。
著作権法で規制されているのは『違法アップロード』なので、見る事自体に規制はされていないのですね。
※著作権法第23条1項の公衆送信権/送信可能化権の侵害

また、上記に書いた『キャッシュ』の問題も、著作権上触れる事は無いので、今のところは安心してみていいでしょう。
法律が変わったら、見ても違法になるかもしれませんが、今のところその傾向がないので問題ないかと思われます。

むしろ見た方がいい違法アップロード動画

とりあえず、一般の方から見れば『は?何言ってんだこいつ』となりがちですが、実は見て再生回数を増やした方が著作者に対する利益になりやすいのです。

理由としては『違法アップロードが削除されるまでのフロー』にあります。

大手動画サイトが違法動画削除までに動く流れ

大手動画サイトが、違法動画削除までに動く流れは以下の2つの流れがあります。

  1. 違法動画がアップロードされる
  2. 著作権所有者が異議申し立て
  3. 違法動画の削除
  1. 違法動画がアップロードされる
  2. 観覧数が増えて違法動画が発見される
  3. 動画サイト側が削除

著作権所有者が異議申し立てをした際も、再生回数が少ない動画の場合は後回しにされることがあったり、何かと手間がかかりやすくなる運営会社もあるそうで、出来るだけ伸びた動画を一発削除。というのが基本の流れになっているようです。

日本でこの点で深刻になっているのは毎週放送されているアニメなどの動画が大きな問題になっていますね。
無料で提供しているニコニコ動画などの、放送権を手に入れたサイトで見る方がもちろん良いのですが、撲滅に加担するのであれば違法アップロードで見るのも個人的にはアリだと思います。

海外の映画における違法アップロードとの闘い

海外の映画における違法アップロードとの闘い
海外の映画業界でも、違法アップロードが大きな問題になっています。
昔から『海賊版』と言われる、映画館で撮影された映画などもありましたが、今ではデジタル方式になっているので映画館スタッフなどが盗んでアップロードするなど、様々な問題が起きているなど、とりとめが無くなってしまっています。

噂半分程度に書いておくのですが『業界関係者がわざとアップロードする』という現状もあると考えられます。
動画のクオリティが明らかに高すぎる映画などがあると、ちょっとその辺が疑わしく思えるのです。
こんなことが行われてる理由としては『違反者が不当な利益を得ない為』ですね。

また、動画を削除する、という流れが動画サイト側で固まっていれば、新たにアップロードされた同一の動画があった際にすぐに消えてくれる、という点も大きな理由だと考えられます。
違法アップロードや、海賊版を作る人間との戦いはいたちごっこになってますが、大きな問題なので見過ごせない、という点だと考えられます。

日本と違って、特に製作費などが高い海外映画などではこの辺はシビアになるのは頷けます

そもそもなぜ違法アップロードが行われているのか

CMなどで違法アップロードで『神と崇められたから』『みんなやっているから』などの『承認欲求』を例にあげてありましたが、実際に違法アップロードを常習的に行っている人の中には、アフィリエイトの利益を求めている人もいます。

アニメや映画などが再生される前や、再生されるページに広告が貼ってあり、そこを表示・クリックされると利益が発生するためですね。
特に再生回数が多いところでは、数十万~数百万円の利益が出ていると考えられます。
しかも、これが個人でできてしまったり、企業じゃないところが、なかなか行政も動きづらいのかなぁ、と考えています。

やっている事は、人の褌で相撲を取る、というよりも人の相撲の給料を横取りする、という事。
もちろん、相撲ではないので、たとえ話ですよ。
不当な利益は著作者に全部還元してくれればいいのですが、そんな事をしないのが糞アフィリエイターの常ですから、早くこういった輩は絶滅してもらいたいものです。

私たちが出来る事と言えば、こういった人たちを撲滅するためにも、違法動画の再生回数をバンバン増やしてサイト運営会社、利権者、著作者に報告するのが、一番なのではないでしょうか。
もしくは、一切見ずに公式の放送、DVDなどを購入して利権者にのみ利益がちゃんと渡るようにする事が大切ですね。

※あくまで個人の見解です。違法行為を助長するものではありません。各個人の行動に関しては自己責任でお願いします。